ごあいさつ

農場主より

 「まえしぼファーム」にご訪問いただきまして誠にありがとうございます。本サイトは、さいたま市桜区にある塚本大久保農耕地で稲作に励む農家による情報発信サイトです。わたしは、本サイト管理者の高野 博明です。わたし達が耕作している塚本農耕地は、桜区西部を流れる雄大な荒川の河川敷に広がる、静寂に鳥のさえずりが優しく響く美しい水田です。

わたし達のつくる「神子田米」は、特別栽培米として県からも認証された安心安全で、おいしいお米です。四季の移りとともに多彩な顔を見せるしぜんに囲まれた水田で、お客様に「おかわり、もう一杯」と喜んで食べていただきたい想いをこめて、日々お米づくりに励んでいます。神子田米を食べた笑顔で皆様の毎日の食卓に彩りが加われば幸いに思います。ぜひわたし達の「神子田米」を一度ご賞味ください。

お米は単に我々の主食というだけでなく、今や日本の重要な文化である和食文化の中心でもあります。また、お米を作る場である田んぼも実は日本にとって欠かせない財産です。というのも、水田は洪水時に自然のダムの役割を担ったり、水面からの蒸発による吸熱で夏の暑さを緩化したりして、日本の生活を守っているからです。そして、田んぼはその地域の歴史や文化の生の記録であり、豊かな生物環境の保全を担う重要な遺産でもあります。

近年、日本では食の欧米化が進む一方で、海外諸国では日本の食文化への注目が高まっています。今こそ、改めて日本の稲作文化について見つめ直す良い機会ではないでしょうか?

わたし達は、日々社会的関心が高まりつつある食育についてのイベントを企画しています。例えば、一般向け、企業向けにお米作りや野菜作り体験を行っています。

ご興味のある方は一度、塚本大久保農耕地へ足を運んでみてはいかがでしょうか? いつでもお待ちしております。

ごあいさつ